サイトを掛け持ちして収入アップを目指す

男性と違い、女性はお金を払うためではなく受け取るためにチャットレディーとしてサイトに登録するわけです。
なので、自分がどのような男性と話がしたいかというより(仕事が軌道に乗ってきたらそういうことを考えるのもありでしょうが)いかに安全を確保しつつたくさんのお金を稼ぐかということを意識しましょう。

ライブチャットの専門サイトごとに、利用している男性会員の顔ぶれは当然違うわけです。
デキるチャットレディーになるためには、ひとまず常連客を多く確保することが課題となるわけですが、どのサイトで自分の常連が見つけられるのか、それは誰にも分かりません。だからこそ、最初のうちは特に「下手な鉄砲数打ちゃ当たる」作戦で粘るべきなのです。

そのサイトが自分にマッチしているかという問題だけではなく、ライブチャットの専門サイトには悪徳なサイトもあるので(もちろん女性も詐欺の被害に遭うのですよ)きちんとしたサイトを見極めるためにも、複数のサイトを吟味する必要があるのです。
表立ってはっきりした悪徳サイトの場合なら、はっきり言って登録した瞬間に終わりですが、はっきりした悪徳サイトでなくとも、稼ぎが期待できないのであれば良いサイトとは言えません。

チャットレディーとして登録したけど、全然稼ぎがない。
それなら、いつまでも一つのサイトに固執していても時間と労力の無駄……ということで、複数のサイトに登録して、自分に合っているかどうかを見極めるとよいわけです。
もちろん、複数のサイトで常連さんが見つかる可能性もありますよ。
それならば稼ぎが増えていいことづくめですよね。

また、アダルトチャットをメインにするサイトやノンアダルトのサイト。
あるいは顔出しNGでも働けるサイトなど、一口にライブチャットといってもいろいろなサイトがあるわけです。
複数のサイトに登録する意味はこのあたりにもあって、最初のうちはアダルトもオッケーのつもりで仕事を始めてみたけれど、いざやってみると抵抗を感じてしまってどうしても無理……という人が少なからずいます。
それなら、途中からでもノンアダルトのサイトに切り替えができるよう、あらかじめ予防線を貼っておくという意味で、複数のサイトにチャットレディーとして登録しておくことは有効なのです。

もちろん、逆のパターンもありですよ。
初めはどうしても抵抗を感じてノンアダルトのライブチャットをやっていたけれど、もう少し稼ぎたいなと思いなおして、アダルトチャットを始めるのもオッケーなのです。
もちろん、顔出しのあるなしもしかり。