手間を惜しまず青色申告……そのメリットは?

65万円もの特別控除を受けることができる――これって何の事だか分かりますか?
実はこれ、確定申告で青色申告をした際に、事業者が受けられるメリットの一つなんです。
青色申告という形で確定申告を済ませるのは、実は面倒な側面が多いのです。
自分できちんと帳簿を付けて、その年にいくら儲かったのか、あるいは必要経費としてどの程度の金額が必要だったのか、そういう情報を記録しておかなければならないからです。

作業になれないうちは特に、時間を取られるでしょう。
その手間を嫌って、青色申告よりも簡略された白色申告で確定申告を済ませる人もいます。
別にそれでもかまわないのですが、青色申告を行うことによって得られる控除のメリットはやはり大きいでしょう。

また、諸事情によって事業者が抱えた赤字の即時返済を義務とせず、最大で三年間持ちこせるのも大きなメリットです。
チャットレディーという仕事にどこまで当てはめて考えられるか分かりませんが、例えば仕事を始めるに当たって新しいパソコンを購入したり、カメラを購入したりと、なんやかんやが積み重なって出費が増えます。
ちょっと経費がかさみ過ぎた割には入ってくるものが少なかったなという場合であっても、はみ出てしまった赤字の分を三年間繰り越しにできます。
繰り越しにするというのは踏み倒すという意味ではなく、翌年の給与から払えなかった分を支払うという形になります。

書類の作成に手間がかかる分、何かとメリットが多い青色申告。
実は、誰でもいつでも自由に申告できるというわけではなくて、青色申告をやりたければ満たさなければならない条件があります。
それは、きちんと届け出を出すことです。
届け出の詳細に関してはいくらでもウェブページの情報で調べることができますが、ここで期限だけ申告しておくと、青色申告をやりたい年の3月15日までが、青色申告を行う期限です。
もしくは、新しく事業を始めてから二か月以内という制約があります。

別に、一度青色申告の届け出を出してから面倒になってやめた(簡単にできる白色申告にかえた)という横着も認められますから、自分の給与をよく考えたうえで、とりあえず青色申告の届け出だけを出しておいて後で検討し直すということもありです。
みんなけっこうやっていることです。

また、簡易簿記という形で、作成する書類の内容はほとんど白色申告の届け出そのままで、それを青色申告の届け出にコピーして提出することもできます。
これはいわば、簡略化された青色申告の形なので、受けられる控除の額は十万円と少なくなりますが、まったく控除が受けられないよりはずっとましです。
このやり方を、青十なんて言ったりするそうですね。
私も知らなかったんですけど。

どうしようもない面倒くさがりには、青十の選択肢もオススメですよ。

サイトを掛け持ちして収入アップを目指す

男性と違い、女性はお金を払うためではなく受け取るためにチャットレディーとしてサイトに登録するわけです。
なので、自分がどのような男性と話がしたいかというより(仕事が軌道に乗ってきたらそういうことを考えるのもありでしょうが)いかに安全を確保しつつたくさんのお金を稼ぐかということを意識しましょう。

ライブチャットの専門サイトごとに、利用している男性会員の顔ぶれは当然違うわけです。
デキるチャットレディーになるためには、ひとまず常連客を多く確保することが課題となるわけですが、どのサイトで自分の常連が見つけられるのか、それは誰にも分かりません。だからこそ、最初のうちは特に「下手な鉄砲数打ちゃ当たる」作戦で粘るべきなのです。

そのサイトが自分にマッチしているかという問題だけではなく、ライブチャットの専門サイトには悪徳なサイトもあるので(もちろん女性も詐欺の被害に遭うのですよ)きちんとしたサイトを見極めるためにも、複数のサイトを吟味する必要があるのです。
表立ってはっきりした悪徳サイトの場合なら、はっきり言って登録した瞬間に終わりですが、はっきりした悪徳サイトでなくとも、稼ぎが期待できないのであれば良いサイトとは言えません。

チャットレディーとして登録したけど、全然稼ぎがない。
それなら、いつまでも一つのサイトに固執していても時間と労力の無駄……ということで、複数のサイトに登録して、自分に合っているかどうかを見極めるとよいわけです。
もちろん、複数のサイトで常連さんが見つかる可能性もありますよ。
それならば稼ぎが増えていいことづくめですよね。

また、アダルトチャットをメインにするサイトやノンアダルトのサイト。
あるいは顔出しNGでも働けるサイトなど、一口にライブチャットといってもいろいろなサイトがあるわけです。
複数のサイトに登録する意味はこのあたりにもあって、最初のうちはアダルトもオッケーのつもりで仕事を始めてみたけれど、いざやってみると抵抗を感じてしまってどうしても無理……という人が少なからずいます。
それなら、途中からでもノンアダルトのサイトに切り替えができるよう、あらかじめ予防線を貼っておくという意味で、複数のサイトにチャットレディーとして登録しておくことは有効なのです。

もちろん、逆のパターンもありですよ。
初めはどうしても抵抗を感じてノンアダルトのライブチャットをやっていたけれど、もう少し稼ぎたいなと思いなおして、アダルトチャットを始めるのもオッケーなのです。
もちろん、顔出しのあるなしもしかり。

借金しないための方法

ライブチャットをやっている時はチャットレディーが脱いでいたりするなど面白いサービスを展開していますので、すごく面白いのではないでしょうか。しかし、ライブチャットを楽しむときにはお金のことも気にしないといけないという側面があります。つまり、風俗という面もありますので、お金の使い過ぎには気をつけた方がいいですし、借金をしないような使い方をしたほうがいいです。

■ポイントはまとめて購入する

ライブチャットを利用する時にはあらかじめポイントを購入するわけですが、例えば1か月分に楽しむポイントをあらかじめ購入するという方法があります。1か月分のポイントを購入したのであれば1か月間はこのポイントの範囲内で楽しむということです。例えポイントを使い切ったとしても追加で購入しないことが大切です。

借金をしてしまう大きな原因となるのは気が付いた時に大きなポイントを購入していたというパターンです。少しずつポイントを購入していて足りなくなったから次から次にポイントを購入していて、結果的には大きな金額に達していたということです。人によっては1か月に10万円以上も遊んでいたということもあります。

■手間がかかる銀行やコンビニ振り込みにする

チャットを楽しむときにはクレジットカード払いのほうがお得です。しかし、お得であるが故にいつの間にか大金をつぎ込むという結果に陥っている人もいます。クレジットカード払いはどれだけ利用しているのかが後になって分かってびっくりするという結果になります。

使いすぎるのを防ぐためにも手軽に支払えるクレジットカード払いではなく、リアルタイムに対応できずに多少手間がかかる銀行やコンビニ振り込みを利用した方がまだいいでしょう。

■最終的には自分で自制するしかない

チャットを楽しんでいる時にはお金のことを気にしたくないという気持ちはわかるのですが、最終的にはお金を支払わないといけない以上は気にするしかないです。最終的には以上のことを参考にしながら自制するようにしましょう。

レズが利用するツーショットダイヤル

レズがツーショットダイヤルを利用する理由というのは、男性が女性とエッチなことをしたいという願望と同じことだと思います。
同性愛が一般的に知れ渡るようになった今、周りは理解はできるような感じでいますけど、実際こうしたレズビアンが間近にいたら・・・
これはやはり言い方は悪いかもしれませんが、距離を置くかそのまま関係を終わらせてしまいたくなってしまうのではないでしょうか。
女が女を好きになる心理は、正直理解はできません。
憧れで好きだとか、尊敬しているといった気持ちの感覚ではないですよね。
人にしられたくないこと、そんな風に当人達もどこかで思っているからこそ、こうしたレズがツーショットダイヤルを利用することが多くなってきているのではないでしょうか。
もちろん自分がレズビアンだということを誰かに相談せきたり、理解してくれる人がいる人ならばいいのですが、ひたすら画しとおしている状況で、でも早く女性とエッチな行為をしてみたいという願望が強くなってきてしまい、どうにもならなくなってしまったときインターネットの中にこうしたサイトがあると知ったらどうでしょうか。
迷わず利用しますよね。
しかも誰にも知られずに自室でパソコンとツーショットダイヤルができる環境が整っていれば簡単に始められるのですから。
レズビアンが非難されなければいけないということはありませんが、ただ理解をするのにはやはり時間はかかってしまうものかと思うのです。
こうした機能を使って当人達が楽しんでいけるのなら、サイトの数も多く増やしていったっていいのではないでようか。
ちょっと他の人とは性に対しての感覚が違う、こうしたことなのだと考えてしまえば・・・
もしかしたらなんのことはないのかもしれないですね。
ツーショットダイヤルを楽しむ者は、色々なタイプがいるものですよね。
ツーショットダイヤルを利用する人たちの目的はどんなものであっても、楽しむことができるということは気持ちも明るくなりますからいいことですよね。
こうした人たちの中で悩んでいる人がいるのなら、ツーショットダイヤルと楽しんでみようという軽い気持ちでインターネットで検索してみたらどうでしょうか。
気を紛らわす以上の満足感が得られるかもしれませんね。
それに同じ女性同士ですし、何かとてみ強く通じることがあるかもしれませんし、経験してみるこtpも一つの手かもしれませんよね。
ツーショットダイヤルが楽しめるようになってきたら、その人たちの生活もより楽しさを増していくものだと思います。

ツーショットダイヤルとは

男女が出会う場と言うものの中には、色々な手段がありますよね。
今はインターネットで簡単に異性と交わることのできるサイトがあって、実際に会うことが可能なのです。
そんな多くのものの中に、画像が交換できるツーショットチャットとうものもあるのです。
テレクラに近いような印象はありますが、ちょっと違います。
ツーショットチャットというものは、ツーショットダイヤルなんかを使って相手を探していくというものです。
このツーショットダイヤルでは、出会い系サイトとは違って相手の顔を確認することができます。
確認しながら会話ができるというものなのです。
しかしこれをやるのには、パソコンそしてテレビ電話機能がついていつものでないと活用することができません。
相手の人が顔を出すことに合意していないと成立しないものでもあります。
しかし顔を見ながら話をするのはちょっと・・・
と言うのであれば、画像交換だけでもかなり安心感はもてるのかなあと思います。
こうしたツーショットダイヤルで会うところまで話が進んでいったら、その待ち合わせの為に相手の画像が欲しいということを口にすると、案外簡単に画像が手に入ります。
こんな感じのやり取りの場合には、やはり人の通りがかなりあるところで待ち合わせをしたほうが、より効果的ではないでしょうか。
またこっちの画像は送らない、ということはしてはいけないですよね。
相手のものだけもらっておいて、自分の物は送らないということでは、どうしても相手に不安を与えてしまいますし、変に疑われてしまいますからね。
そのためには、早くから自分の画像だけは送っておいたほうがいいのかもしれません。
自撮りをしたものを送ってから、あとは電話番号を交換したりしてメールアドレスをゲットして画像を交換します。
メールアドレスを電話で聞いて書き記すといったことは、意外に面倒なものですよね。
しかし今では、携帯電話の会社が違ったとしてもショートメールが送れるようになりましたよね。
こうしたツールもうまく活用していくことで、スムーズに画像の交換もできます。
ツーショットチャットを初めて経験する女性は、何かと不安がっているものです。
しかしこうした画像交換で安心感を与えることで関係もギクシャクしないですむのです。
画像が交換できるツーショットチャットを利用することで、異性との出会いを果たせるのであれば、こうしたものを使うことはいけないことではないと考えます。
世間では、もっと他の出会い方があるのでは・・・ということを言う人たちも多いですけどね。
異性との出会いは人それぞれですしね。
自分が一番やりやすい方法で行動していくことが、成功への第一歩だと思いませんか。